1. ホーム
  2. 最新情報のお知らせ
  3. ハンドピースのそれぞれの用途
ハンドピースのそれぞれの用途

みなさんこんにちわ歯科販売の担当者です。

今日は歯科のハンドピースのそれぞれの用途について話したいと思います。
 
基本的には高速回転の場合は発熱するので水は出します。
5倍速とタービンは使用目的は同じです。
 
主に歯を削るときに使います、(20〜30万回転/分)高速回転ですので必ず水で冷却しないと一瞬で高温になり大変なことになります。
5倍速は電気モーターの回転を5倍に増速しています。
タービンはエアーを使って羽に吹き付けて高速回転させます。
 
5倍速の方が力があるので最近は増えてきました、タービンは以前からありましたが5倍速に比べるとトルク(力)が少ないので強く歯に押し付けると回転が落ちます、
どちらも本来は歯にソフトタッチで使い、強く押し付けて削る道具では無いです。
 
ストレートは電気モーターやエアーモーターなどありますが回転速度はタービンなどに比べると非常に遅いですがトルクはあります。
義歯の調節など削るときや補綴物の調整・仕上げの研磨などに使います、直接口の中で使うケースは少ないでしょう。
ほとんど水を出しては使いません。
 
コントラは90度に曲がっているので口腔内での根管充填などの治療、歯面の研磨などに使います、
低速なので水を出しケースは少ないでしょう、発熱する恐れがあれば水を出して冷却しますし歯面清掃では洗い流したりします。

Share
前の編:白い歯に手に入れるにはどうしたらよいですか
閉ヒる
メニュー